貸し会議室を利用時のポイント|物件と仕事の関係性

レディ

社員目線での職場環境構築

男女

企業や法人が長期間に渡って事業運営をしているとオフィス移転をする機会があります。オフィス移転を実施する場合は、どのような理由で移転をするのか明確化しておくことが重要です。そうすることで現在のオフィスに足りない要素と、新しいオフィスに求める要素を再認識することができるからです。よくある例としては社員数増加に伴って、スペースを確保するのが難しくなった場合や、逆にオフィスが広すぎて余計なコストが発生しているなどがあります。新オフィスに求める条件が明確化した後は、その条件に優先順位をつけるようにしましょう。全て条件を満たすオフィスを探していては、膨大な時間とコストがかかってしまうからです。
絶対に外すことのできない優先事項を先に決めておけば悩むことも少ないのです。また、オフィス移転を実行する際は経営陣だけでなく、社員からも数名抜擢してプロジェクトのチームを作成するのが良い方法です。そうすれば実際に仕事をする人の目線から意見を得ることができ、より良い社内環境構築になるからです。後から余計なコストを発生させることも無いでしょう。オフィス移転をする際は現在使用しているビルのオーナーに解約予告をする必要があります。基本的には6ヶ月目となっていますが、場合によっては3ヶ月から6ヶ月となっているので契約内容をしっかりと確認して違約金などのムダなコストを発生させないようにしましょう。引越しの準備自体にかける期間としては半年から8ヶ月が妥当な準備期間となっています。